庄原遺跡(しょうばるいせき)

2019年2月5日
ken08.jpg
庄原遺跡から出土された青銅やりがんな鋳型

 

 

 

 指定種別  県・史跡
 指定年月日  平成15(2003)年2月5日
 製作年・時代  弥生時代中期初頭
 員数  ―
 構造等  ―
 所在地  添田田町大字庄
 備考  

 

 

JR西添田駅の西側約500mの丘陵上にある、弥生時代中期初頭から始まる県内最古級の初期青銅器生産遺跡です。
この遺跡では、国内2例目の銅やりがんなの鋳型や、国内最古級の金属溶解炉跡などが見つかっており、弥生時代の添田町に高い技術を持った有力な人々が暮らしていたことをうかがい知ることができます。
現在は、遺跡保存のため埋め戻しをしているため、その姿をみることはできません。

お問い合わせ

文化財係
電話:0947-82-5964
ファクシミリ:0947-82-2869