英彦山経塚出土品(ひこさんきょうづかしゅつどひん)

2019年2月4日

kuni06.png

 

 

 指定種別  国・重要文化財(考古資料)
 指定年月日  昭和63(1988)年6月6日
 製作年・時代  平安時代
 員数  一括
 構造等  ―
 所在地  添田田町大字英彦山
 備考  南岳出土の銅経筒六口、北岳出土の銅経筒二口、金銅如来立像一躯

 

 

平安時代、釈迦の教えがなくなって仏教が衰え、世の中が乱れるという末法思想が広がり、この不安から逃れるため、人々は経典を筒の中に納めた「経筒」を神聖な山の頂に埋め、その功徳で所願成就、極楽往生を願いました。
英彦山でも多くの経塚造営が行われ、北岳出土の経筒には宋人の名前が刻まれたものもあり、海を越えて信仰されていたことが分かります。

お問い合わせ

文化財係
電話:0947-82-5964
ファクシミリ:0947-82-2869