「福岡コロナ特別警報」が発令されました【令和4年7月22日~】

2022年7月25日

 福岡県では、

 

・新規陽性者数は7月21日、過去最多の10,752人、7月22日は更に増加し、12,151人で、新規陽性者数の7日移動平均は増加傾向が継続している

・病床使用率は、特別警報発動の目安である50%を上回っている

・重症者数と中等症者数の合計が増加している

・オミクロン株の新たな系統BA.5への置き換わりが一段と進んでいる

  

などから、一層の感染防止対策の徹底と今後とも医療提供体制を確保していくため、専門家の意見や市町村との協議を踏まえ総合的に判断し、「福岡コロナ特別警報」を発動しました。

 

ただし、社会経済活動、学校・教育活動との両立を図るため、現段階では、県民・事業者の皆さまに対する行動制限を伴う要請は行わないこととしています。

  

町民の皆さまにおかれましては、三密の回避や手指消毒、感染対策を徹底した店の利用など、従前からの基本的な感染防止対策をお願いします。

なお、マスク着用の考え方については下記に示しておりますので、ご確認ください。

 

 

福岡コロナ警報発動後の対応

 

  ・ R4.7.22 福岡コロナ特別警報の発動について(93KB)

 

今後のマスク着用の考え方

基本的な感染対策としてのマスク着用の位置づけは変更ありません。

 

 

 

小学校就学前の児童のマスク着用について

〇 2歳未満(乳幼児)は、引き続き、マスク着用は奨めません。

〇 2歳以上は、以下のとおり、オミクロン株対策以前の新型コロナウイルス対策の取扱いに戻します

 「保育所等では、個々の発達の状況や体調等を踏まえる必要があることから、他者との身体的距離にかかわらず、マスク着用を一律には求めない。なお、施設内に感染者が生じている場合などにおいて、施設管理者等の判断により、可能な範囲で、マスクの着用を求めることは考えられる」 

 

 

マスク着用の考え方について(93KB)

 

 

 

問い合わせ

添田町役場保健福祉環境課健康対策係

TEL:0947-88-8111

 

 

 

 

  

お問い合わせ

健康対策係
電話:0947-88-8111