【公募型プロポーザル方式】「町指定文化財 中村家住宅」借受候補事業者選定のお知らせ

2020年10月16日

かつて商家である「町指定文化財 中村家住宅」を、地域に残る歴史や文化などを伝える機能と併せて、民間事業者のノウハウ・技術により飲食店として活用していただくために、プロポーザル方式により仮受候補者を選定します。

なお、本選定は、借受時に借受者が利用しやすい施設とするため、設計時から協議に参加していただくための借受候補者を選定する『停止条件付き事業』として実施します。

 

 

本募集に係る事業については、借受者が使いやすく、かつ運営が円滑に行えるよう設計業務から協議等に参加していただく借受候補事業者を選定するためであって、賃貸借契約については、保存・活用整備に係る設計及び保存・活用整備工事における町と事業者間による協議が整い、かつ予算の成立を前提に事業化される停止条件付き事業となります。
そのため、協議不調や設計・整備工事予算の不調の場合にあっては、町において一連の業務を実施せず、本公募についても提案を公募したことに留まりいかなる効力も発生しません。

 

 

また、選定にあっては、貸付料も重要な要素ではあるが、

  • 公有財産としての認識をもって適正に維持できるか?
  • 町指定文化財の維持管理に配慮しているか?
  • 近隣の住民と融和な関係性が築けるか?
  • 中村家住宅を活用して、地域活性化に資することが見込めるか?


など、多面的な要素によりから仮受候補事業者を選定します。

 

 

(1)賃貸借契約の概要

① 貸付物件   『町指定文化財 中村家住宅』に係る土地及び建物
② 貸し付け種別   飲食店導入を条件とした条件付き貸付
③ 契約期間   令和3年10月1日 ~ 令和8年9月30日(5年)
④ 最低貸付料(月額)  60,000円(消費税及び地方消費税を含む)

 

 

(2)応募資格要件

応募資格要件については、下記のすべてを満たす団体・法人等(共同事業体でも可)。


ア. 法人登記済・未済及び団体・協議会等の名称を問わず、活動を行っている団体であること。
  なお、未登記団体にあっては、2名以上で組織している団体・法人等であること。
イ.借受期間中に継続した運営ができる十分な資金力と経営能力、優れた企画力を有し、かつ社会的信用を有する団体・法人等。
ウ.会社更生法の更生手続き中・町から指名停止措置を受けている等に該当しない団体・法人等。

 

 

応募借受候補事業者の審査

借受候補事業者の選定については、公募によるプロポーザル方式とし、応募資格要件適否及び提出書類内容による審査の「一次審査」と、プレゼンテーション・ヒアリングによる「二次審査」によりで借受候補者及び次点借受候補者の選定。
なお、一次審査・二次審査は、町が設置する審査委員会(非公開)で行い、応募者が1者であった場合でも審査・選考は行うとともに、1者または複数を問わず、参加資格要件の満たしていないと判断された場合、または町及び審査委員会が求める基準を上回る応募者がいなかった場合は、「候補者なし」とする。

 

 

(4)募集スケジュール

内容 期間
応募申請書の受付期間 令和2年10月16日(金)~ 令和2年10月30日(金)
現地見学 令和2年10月19日(月)~ 令和2年10月23日(金)
質問受付期間 令和2年10月19日(月)~ 令和2年10月23日(金)
一次審査結果通知 令和2年11月 6日(金)
二次審査(プレゼンテーション) 令和2年11月12日(木) 午後
二次審査結果通知
(借受候補事業者の決定)
令和2年11月16日(月)

 

 

(5)募集から供用開始までのスケジュール(予定)

本公募から活用開始までの概ねの事業スケジュールは以下を予定。

 

項目 主体者 スケジュール
覚書締結 町・借受候補事業者 令和2年12月下旬
設計業務 令和2年12月~令和3年3月末
保存活用整備工事 令和3年4月~9月
賃貸借契約の締結・
貸付物件の引渡し
町→借受者 令和3年9月下旬
供用開始 借受者 令和3年10月1日
契約期間の満了 町・借受者 令和8年9月30日

 

 

ホームページ掲載データ一覧

お問い合わせ

歴史文化財係
電話:0947-82-5964
ファクシミリ:0947-82-2869