添田町総合計画策定審議会について

2021年1月18日

(総合計画について)

 昭和44年の地方自治法改正により「市町村は、その事務を処理するに当たっては、議会の議決を経てその地域における総合的かつ計画的な行政の運営を図るための基本構想を定め、これに即して行うようにしなければならない。」(第2条第4項)と定められ、本町では昭和45年に第1次総合計画を策定しました。以来、総合的かつ計画的な行財政運営による町政の振興を図るため、おおむね10年間のまちづくりの方針を示す基本構想を策定しており、現在は第5次総合計画の最終年度となっています。
 平成23年には地方自治法が改正され基本構想の策定義務はなくなったものの、本町では、総合的かつ計画的な行政の運営を図るため、第6次総合計画の策定に取り組んでおり、策定にあたっては、専門的な見地から意見を求めることを目的とした添田町総合計画策定審議会(以下、「審議会という」)を設置しています。審議会で出された意見は令和3年2月を目処に答申され、その結果を踏まえて第6次総合計画を添田町議会へ上程し、議会の議決を経て策定される予定です。


(審議会について)
審議会は地方自治法第138条の4第3項に基づき、添田町附属機関の設置に関する条例で設置するものです。

【設置規則】(116KB)

【委員名簿】(77KB)

 

(第1回審議会)  開催概要はこちら

 

(第2回審議会)  開催概要はこちら

 

(第3回審議会)  開催概要はこちら

 

(第4回審議会)  開催概要はこちら

 

(第5回審議会)

 以下のとおり第5回審議会を開催します。審議会の傍聴は可能ですが、会場内の密を避けるため、傍聴は先着順に5名様までとさせていただきますのでご了承ください。
 
 時間:令和3年2月5日(金)10時から
 
 場所:添田町役場 3階 委員会室