新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

2020年7月1日

新型コロナウイルス感染症に関連して、誤った情報に基づく不当な差別・偏見・いじめがあってはなりません。
感染された方やその家族・関係者や医療従事者などに対する誹謗中傷や心無い書込みがソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などで広がっています。
関係省庁及び県・市町村からの発信に基づき、新型コロナウイルス感染症に関する正確な情報を入手するように努めてください。
また、法務省の人権擁護機関では、不当な差別やいじめなどの様々な人権問題についての相談を受け付けています。

 

 

 

みんなの人権100番

TEL:0570-003-110(平日8時30分から17時15分まで)

 

 

子どもの人権110番

TEL:0120-007-110(平日8時30分から17時15分まで)

 

 

外国語人権相談ダイヤル

TEL:0570-090911(平日9時から17時まで)

 

なお、7月に世帯配布を行う人権啓発チラシ「飛べ愛よ」(第95号)(177KB)にも新型コロナウイルス感染症に関する記事を掲載しておりますので、そちらもご確認ください。

 

95-1.jpg

95-2.jpg

 

お問い合わせ

人権同和推進係
電話:0947-82-5800
ファクシミリ:0947-82-2559