国指定史跡英彦山保存活用計画の策定について

2019年6月7日

 英彦山の参道にはかつての山伏たちが生活をしていた坊舎や山中には山伏たちが修行を行なった堂跡が残り、これらは文化庁により我が国を代表する山岳信仰の霊場として、日本の修験・仏教・神道の信仰の在り方を考える上で重要な遺跡であることが認められ、平成29年2月9日に国の史跡指定を受けました。
 この貴重な史跡英彦山を国民共有の文化遺産として適切に保存し、後世へと確実に継承するため、史跡の本質的価値と構成要素を明確化し、それらを適切に保存管理するための基本方針、方法、現状変更などの取り扱い基準などを定めました。
 今後、この計画に従って整備基本計画を策定し、保存活用と整備事業を進めてまいります。

 

 

全ページ

 

 

分割

 

お問い合わせ

歴史文化財係
電話:0947-82-5964
ファクシミリ:0947-82-2869