英彦山の鬼スギ(ひこさんのおにすぎ)

2019年2月5日

kuni12.jpg

 

 指定種別  国・天然記念物
 指定年月日  大正13(1924)年12月9日
 製作年・時代  樹齢(推定)1,200年
 員数  ―
 構造等  樹高38m、胸高周囲12.4m
 所在地  添田町大字英彦山
 備考  

 

 

福岡県最大級の巨木で、林野庁発表の「森の巨人たち百選」にも選定されています。
樹齢は1,200年以上とされ、幹の周囲は約12.4m、高さは上部が落雷で欠損しているものの、約38mあります。

また、この鬼スギには次のような言い伝えがあります。


--------------------------------------------------
昔、鬼たちが住居を求めてヒコサンにやってきた。
権現様は大変に困り、「一夜のうちに家をつくることができたら許してやろう」とおっしゃった。
怠け者の鬼たちにはできるはずがない、と思っていたが、鬼たちは大変に精をだして家づくりにはげんだ。

そして、とうとう、夜明けをつげるニワトリの声が聞こえぬうちに、完成してしまいそうになった。
慌てた権現様は、竹の傘を両手に持ち、バタバタと鳥の羽ばたきをまね、鳴きまねをした。
それを聞いた鬼たちは、「夜明けがきてしまった」と残念そうに、材料をそのままにして逃げて行った。
その時残された材料が『材木石』となり、鬼の首領が逃げる途中で大地に指した杉の杖が『鬼杉』となったという。
--------------------------------------------------

お問い合わせ

文化財係
電話:0947-82-5964
ファクシミリ:0947-82-2869