65歳以上の皆さんの介護保険料が決定しました

2018年7月25日

介護保険制度では、3年ごとに保険料の見直しが行われます。

今回、平成30年度から32年度までの65歳以上の皆さんの介護保険料が決定しましたのでお知らせします。

 

介護保険料が変わりました

 

平成29年度の町民税額などをもとに、介護保険料の計算を行い、その決定通知書を7月下旬に郵送します。

今年度は、3年に一度の保険料算定の年度にあたるため、介護保険に必要な費用をまかなえるよう保険料の基準額が変更になりました。

また、できる限り所得の状況に配慮したきめ細かな保険料額とするため、所得段階が25の区分に分かれていて、町民税額や該当する所得段階に応じて決定されます。

 

あなたの介護保険料は(福岡県介護保険広域連合のホームページへ)

 

 

納期内の納付をお願いします

 

介護保険料を継続して、年金天引きで納めている人は、今回決定した年間保険料額から4月・6月・8月(仮徴収)に天引きした保険料を差し引いた金額を10月・12月・来年2月に年金天引き(本徴収)で納めます。

4月・6月・8月の仮徴収は、前年度2月の保険料と同じです。


また、納付書や口座振替などで納めている人は、8月から来年3月まで納めます。

なお、年間18万円以上の老齢(退職)年金、障害年金、遺族年金を受給している人は、年金天引きとなりますが、65歳になった人、広域連合外の市町村から転入したなどの場合は、年金天引きの開始が半年~1年後に
なりますので、それまでは納付書や口座振替などで納付してください。口座振替を利用すると納め忘れもなく安心です。

また、災害や失業などやむを得ない理由で、保険料を納めることが難しくなったときは、保険料の減免や納付猶予が受けられることがありますので、ご相談ください。

 

 

コンビニで支払いができます

平成30年度の介護保険料普通徴収の納付書は、コンビニエンスストア(コンビニ)でも使用できるようになりました。

これまで指定の金融機関や役場窓口などでしか支払いができませんでしたが、これからは夜間、休日にコンビニで支払いができます。

 

次のような場合は、コンビニで使えないことがありますので、注意してください。

 

  • 納期限を過ぎたもの
  • コンビニ用バーコードが消されているもの、汚れたり、破れたりしているもの
  • 金額を手書きで訂正したものなど

 

取り扱いコンビニエンスストア

  • セブンイレブン
  • デイリーヤマザキ
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップなど

 

 

介護保険料について、詳しくは福岡県介護保険広域連合(TEL:092-643-7055)まで

お問い合わせ

高齢者支援係
電話:0947-82-1232
ファクシミリ:0947-82-5508