【クラウドファンディング】吉木のヤマザクラで復興のシンボルを

2018年8月27日

sakura1-2.jpg

元気に花を咲かせていた頃の吉木のヤマザクラ

 

 

 

 

添田町にとって初めてのクラウドファンディングである『300年春を告げた吉木のヤマザクラ。添田町復興のシンボルに!』のご寄付の受付が6月29日を持って終了し、141件もの個人・企業及び団体にご賛同いただき、目標金額である170万円を上回る2,346,000円ものご支援をいただくことができました。
温かいご支援、本当にありがとうございました。

昨年の豪雨災害からもうすぐ1年を迎えます。
豪雨災害からの復興に、町民の皆さまをはじめ、ボランティアで従事いただいた方々、全国の皆さまからのご厚情・ご支援によって復興も成し遂げられようとしております。
このプロジェクトの成功も、そんな「絆」によって成功することができました。

いただいたご支援は、モニュメント制作というこのプロジェクトの目的を叶えるための支援であると同時に、添田町の"これからへ"の激励でもあることを胸に刻み、復興と更なる町の発展に取り組む所存ですので、今後とも変わらぬご支援のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
最後に、モニュメントが完成した際には、ヤマザクラの新しい姿をご覧いただければ幸いです。

 

 

添田町 

 

 

概要

 

実施者

添田町(町長 寺西 明男)

 

クラウドファンディング委託会社

株式会社 レディーフォー(Readyfor)

【新着情報】300年春を告げた吉木のヤマザクラ。添田町復興のシンボルに!(レディーフォー)

 

寄附金募集予定期間

平成30年5月14日(月)~平成30年6月29日(金)

 

寄附金希望額

1,700,000円(制作費・製材費等)

 

モニュメント作製者

九州大学大学院 芸術工学研究院 芸術講座 准教授 知(とも)足(たり) 美加子(みかこ)氏(英彦山山伏の末裔)

  

 

   ご寄付いただいた額 ご支援いただいた件数
確定値  2,346,000円 141件
達成率 138.00%  

 

 

寄附者ご芳名

本プロジェクトにご支援を賜りまして感謝申し上げます。
ここにご寄付いただいた皆様のご芳名を掲載させていただきます。

・クラウドファンディング(3万円以上寄附)の返礼品としての掲載です。
・「個人」、「企業・団体」別に、五十音順で掲載しています。
・掲載はご芳名のみとし、寄附金額を含むその他の個人情報は掲載していません。
・掲載についてご同意いただいた方のみ掲載しています。

 

(個人)

清水 正義 様
進藤 康雄 様
数山 文子 様
原  太 様

 

(企業・団体)

あかつき法務司法書士事務所 様
株式会社石橋組 代表取締役 水上弘敏 様
さざん会(昭和33年度添田中学校卒業生有志一同) 様
株式会社そえだ葬祭 葵会館 様
添田町行政区長会 様
添田町森林組合 様
添田町小中学校退職校長会・安全パト隊 様
株式会社嘉穂製作所 様
有限会社九州バーク運輸 代表取締役 林晃一 様
有限会社桑野衛生 代表取締役 矢島大豪 様
大三ミート産業株式会社 代表取締役 大家 大三 様
有限会社中山調査測量 様
二区深倉観光協会 様
株式会社福岡銀行 添田支店 様
一般財団法人英彦山観光福祉協会 様
松村産業株式会社社員一同 様
有限会社マルイ産業 様

 

 

今後のスケジュール

内 容 期 間
寄附募集  5/14 ~ 6/29
返礼品製作発送
お礼状等の発送
 7/1 ~ 10/31
モニュメント制作  8/1 ~ H31/3/31
お披露目会 候補【3月】JRウォーキング 

   

  • 目標金額を超えていただいたご支援については、モニュメント設置台や説明板など、モニュメントに係る費用に使用させていただきたいと考えています。

 

 

吉木のヤマザクラ

sakura2-2.jpg

 

「吉木のヤマザクラ」は、英彦山の麓、落合吉木地区にあったヤマザクラの古木で、樹齢は約300年。樹高16メートル、胸高周囲4.6mの巨木でした

平成3年に町指定文化財天然記念物に指定。平成4年に夜須高原(筑前町)で開催された全国植樹祭で天皇・皇后両陛下がお手植えされた桜は、吉木のヤマザクラから採られた種子でした。

地域の皆さんに愛され、平成27年の台風で大きな損傷を受けながらも、力強く花を咲かせていた吉木のヤマザクラ。

しかし、残念ながら昨年7月の九州北部豪雨で一部が流出。さらに9月の強風で完全に根元から倒れてしまいました。 

 

お問い合わせ

文化財係
電話:0947-82-5964
ファクシミリ:0947-82-2869