消費生活センターよりお知らせ(平成25年10月号)

2013年10月1日

『電気代が安くなる!』とオール電化の訪問販売・・・宗像市消費生活センター

相談事例

 10日前、制服姿で名札を付けた業者が「電気代が安くなるオール電化について説明を聞いて欲しい」

 と来訪した。説明だけならと承諾したら、電気温水器やIHクッキングヒーターの案内をして短時間

 で帰って行った。

 ところが昨日、同じ業者の別の担当者が来訪して勧誘するので、「妻は軽い認知症で米も炊けないし

 料理もできない。この先どうなるか分からないので必要ない」と言って断ったが、3時間近く執拗に

 勧誘するので電気温水器とIHクッキングヒーター及びオール電化工事の契約をした。

 高額だし不要なので解約したい。(80歳代 男性)

処理結果

 訪問販売先で1日前(8日以内)の契約なので、クーリング・オフによる通知書の書き方を指導し

 特定記録郵便で出すよう助言しました。また、センターから業者に、断っている人に長時間勧誘

 するなど担当者の販売方法を注意しました。

アドバイス

 最近、80歳代の一人暮らしや老夫婦に電気代が安くなると言って、電気温水器やIHクッキング

 ヒーターなどオール電化を勧める訪問販売業者が多いようです。

 販売担当者は断るのが苦手な高齢者に、大手電機会社や大手電気工事会社の下請け業者や委託業者

 を名乗って高齢者を安心させ契約を迫ります。

 「子どもに相談しないと返事はできない」などと言って即決しないようにしましょう。

 

パソコンの偽セキュリティソフトの表示にご注意下さい!・・・福岡市消費生活センター

相談事例

 パソコンでインターネット利用中、突然スパイウエアを検出したと表示が出た。対策ソフトを即時

 購入するように勧める広告が出たので、すぐにクリックして申込み、カード決済した。ところが

 その後、それは詐欺の手口だと家族に言われた。カード会社に連絡したら、カード番号の変更を

 提案されたが、請求は止められないので、契約の経緯を書いた書面を提出してほしいと言われた。

 どうしたらよいか。(40歳代 男性)

処理結果

 契約の経緯の書き方を説明し、今後の対処法を助言しました。

アドバイス

 パソコンに表示される「エラーがある」「ウイルスに感染している」などのエラー表示は、必ずしも

 信頼できる表示とは限りません。嘘の表示で消費者の不安をあおり、必要のない「偽セキュリティ

 ソフト」を購入させて代金を支払わせたり、購入後に料金の請求やソフト性能についてトラブルに

 なることもあります。

 安易にパソコンソフトはダウンロードせず、OSやアプリケーションソフトは常に最新の状態にして、

 トラブルにあったらすぐに消費生活センターに相談しましょう。ウイルスに関する情報等は、独立

 行政法人情報処理推進機構(IPA)のホームページで情報収集しましょう。

 

各消費センターの相談窓口

福岡県  092-632-0999(日曜日も電話相談可)
福岡市  092-781-0999(第2・第4土曜日も電話相談可)
北九州市  093-861-0999(土曜日も相談可)
久留米市  0942-30-7700
飯塚市  0948-22-0857
宗像市  0940-33-5454
消費者ホットライン

 0570-064-370

 あなたの消費者生活センターにつながります。

 ※電話のかけ間違いにご注意ください。

 

バックナンバー

平成24年11月号 / 平成24年12月号 / 平成25年1月号 / 平成25年2月号 / 平成25年3月号 / 平成25年4月号

 

平成25年5月号  / 平成25年6月号 / 平成25年7月号 / 平成25年8月号 / 平成25年9月号