消費生活センターよりお知らせ(平成24年12月号)

2012年12月11日

「冠婚葬祭互助会」の解約トラブル!(飯塚市消費生活センター)

相談事例

 Aさんは20年間互助会に入り、毎月2千円ずつ支払ってきましたが、気持ちが変わり解約を申し出ることに

 したところ、掛金の戻り金が少なくなり納得がいかないとの相談がありました。(70代 女性)

処理結果

 互助会とは、先々のサービスを受ける為、前払いをする形で掛金を積立ていく支払い方法です。昭和59年

 に約款が改正され、特別な理由がなくても解約出来るようになりました。但し、利息は付きませんし、掛金

 から約款に基づく解約手数料が引かれる事を説明したところ、納得されました。

アドバイス

 互助会を預金と思い違いをして解約を申し出ると、掛金より戻り金が少ないとの相談がよくあります。互助

 会とは、毎月決まった金額を積立てていく形で支払っていきますが、預金とは基本的に別の種類のお金とい

 うことを認識しておくことです。手数料に納得出来ない等があれば(社)全国冠婚葬祭互助会に問い合わせ

 てみるのもよいでしょう。
 互助会とは、長期に渡る契約ですので、約款書類等を熟読し、紛失しないように保管しておく事が必要です。

 

「頼んだ覚えがない商品」の受け取りを承諾した!(福岡市消費生活センター)

相談事例

 「先月の10日に注文を受けたサプリメント3ケ月分を送る」と電話があった。頼んでいないと伝えたが、

 「確かに注文を受けている。商品を準備しているので、今回だけは受け取ってほしい。」と言われた。値段

 を聞くと「1万5千円」と言われた。受け取りたくなかったが「受取らなければ裁判所に訴える。」と脅され、

 以前にも健康食品を頼んだことがあったので、もしかすると先月頼んだかもしれないと思い仕方なく代引きで

 配達してもらうことを承諾した。電話を切った後、先月の10日は旅行中だったことを思い出し、頼むはずが

 ないと気づいた。商品が届いたら、どう対応すればよいか。

処理結果

 商品の発送を了承させるために、「注文を受けている」と業者はうそを言って商品の発送を承諾させる手口と

 思われる。商品が届いたら受け取り拒否をして、業者名や連絡先を控えておき、何かあれば再度消費生活セン

 ターへ連絡するように助言した。

アドバイス

 ○業者から電話を受けても注文した覚えがなければ、はっきり断りましょう。 
 ○注文した覚えがない商品が届いたら、安易に商品を受取るのは止めましょう。
 ○事例のように商品を送ることを承諾しても、そもそも注文していないのであればお金を支払う必要はありま

  せん。商品が届いたら、業者名や連絡先を控え受け取り拒否しましょう。

 

各消費者センターの相談窓口

福岡県  092-632-0999(日曜日も電話相談可)
福岡市  092-781-0999(第2・第4土曜日も電話相談可)
北九州市  093-861-0999(土曜日も相談可)
久留米市  0942-30-7700
飯塚市  0948-22-0857
宗像市  0940-33-5454
消費者ホットライン

 0570-064-370

 あなたの消費者生活センターにつながります。

 ※電話のかけ間違いにご注意ください。

 

バックナンバー

平成24年11月号