第2次添田町男女共同参画基本計画を策定しました

2017年4月24日

第2次添田町男女共同参画基本計画とは 

 

基本計画の目的

添田町では、男女が、社会の対等な構成員として、自らの意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ,かつ、共に責任を担うべき社会(男女共同参画社会基本法第2条)の実現を目指して、2012(平成24)年「添田町男女共同参画基本計画」を策定し、施策を推進してきました。

しかし、少子高齢化や世帯構成の変化、ライフスタイルの多様化や非正規雇用労働者の増加による将来像の不透明化など社会情勢は変化し続け、DVやストーカー被害等重大な人権侵害は社会問題となり、深刻さは増しています。

また、性別による固定的な役割分担意識やそれに基づく社会習慣や社会制度・慣行などは依然として根強くあり、男女共同参画をよりいっそう推進するため、社会情勢の変化に柔軟に対応し、時代に即した施策を総合的かつ計画的に推進していくことが必要です。

そのため、これまでの取り組みを引き継ぎ、推進するため「第2次添田町男女共同参画基本計画」(以下、「本計画」という。)を策定しました。 

 

 

基本計画の性格 

本計画は、男女共同参画社会基本法第14条第3項に基づく、男女共同参画社会の形成の促進に関する施策についての基本計画です。

「添田町第5次総合計画後期基本計画」との整合性を図り、各種部門別計画等とも関連性を持ちながら、国の「第4次男女共同参画基本計画」及び「第4次福岡県男女共同参画計画」を勘案した計画です。

さらに、2016(平成28)年度に実施した添田町男女共同参画に関する住民意識調査の結果や添田町男女共同参画審議会で検討を重ね策定しました。

この計画における「基本目標1 働く場における女性の活躍推進」は、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(いわゆる「女性活躍推進法」)第6条の2、この計画における「基本目標3 安全・安心な暮らし実現のための環境整備」のうち、「方針1 女性等に対するあらゆる暴力の根絶と被害者支援」は、「配偶者からの暴力防止及び被害者の保護に関する法律」(いわゆる「DV防止法」)第2条の3第3項に基づき市町村基本計画として、位置づけています。

  

 

第2次添田町男女共同参画基本計画(1MB) 

 

 

添田町男女共同参画推進条例パンフレット(650KBytes)

 

 

お問い合わせ

男女共同参画推進係
電話:0947-82-1231