読書会&ボランティア紹介

2011年11月15日

昭和63年、添田町を訪れた沖縄の子どもたちと交流し、添田町の民話(ごんざむし)を、人形劇にして紹介したことがきっかけでボランティア活動がはじまりました。
現在、男女10名のボランティアの会員が本の世界の楽しさを伝えよう活動しています。

 

主な活動内容
・読みきかせ         ・ストーリーテリング
・パネルシアター       ・エプロンシアター
・からくりペープサート など

 

 

読書会

この会は、読書会を通じて、会員相互の理解と親睦をはかり、広範囲の作品に触れることにより、人間的資質の向上をめざし、さらに本町における読書活動の推進力となることを目的としています。

現在、会員30名
毎月、第2金曜日 午後1時30分から定例学習会

 

 

~ 活動内容と意義 ~

 

「読 書 会」

同一作品を読み、読後の感想を発表し話し合う。それによって、作品の内容は豊かになり、自分で発見できなかったそんな世界が開かれる。

 

 

「感 想 発 表」

感銘を受けた作品の感想を発表する機会をもち他の会員に紹介する。

 

 

「教 養 講 座」

勉強したいテーマにあわせて(応じて)、専門講師の講義をきく。

 

 

「研 修 会 の 参 加」

県や他市町村の主催する研修会などには、できるだけ参加して勉強の機会をもつ。

 

 

「文 学 研 修」

著者や作品中の背景を訪ねることにより、作品への理解を深める。

 

 

「創 作 及 び 制 作」

趣味としての文芸の創作や制作(手づくり)を通して、会員間の親睦をはかる。

 

 

「他グループとの交流」

他グループとの交流を深め、読書活動の地域的拡大をめざす。

 

「ボランティア活動」

人と人とのふれあい、近隣や地域とかかわりながら連帯の輪を広げ、ボランティア活動をする。

 

お問い合わせ

図書館・児童館
電話:0947-82-4800